最終更新日:2021年02月26日

ナイカイ塩業株式会社ナイカイ塩業株式会社

  • 業種:メーカー
  • 職種:研究・開発系 製造・生産管理系 その他
  • 本社所在地:岡山県玉野市胸上2721
  • 資本金:1億8000万円 従業員:134名(2020年3月) 売上高:87億4,900万円(2020年3月)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

メーカー×研究・品質管理

ナイカイ塩業株式会社
品質保証部 部長代理
藤田 貴之さん(入社18年目)
地元岡山での就職を志望。会社訪問の際、当社が将来的に医薬品原料として使用する製塩に注力していくという話を聞きました。薬学部ながら医薬品業界にとらわれず、新しいことに挑戦したいという思いから、魅力を感じて入社しました。

製品の規格作成と検査業務のかたわら、人材の育成にも注力。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
薬学部の出身者は薬剤師の資格を取得し、多くは病院や薬局、製薬会社に就職します。自分は新しいことに挑戦したいという思いが強く、医薬品業界にとらわれない就活を進めました。その中で製塩業の当社に出会い、将来、人工透析剤などの医薬品原料としての製塩を進めていくという方針に魅力を感じました。薬剤師の資格を生かし、医薬品原料としての塩の分析や研究を通じて医療に貢献できるのではないかと考えました。
現在の仕事内容を教えてください。
品質保証部で塩の研究開発と品質保証を行っています。研究開発では、お客様の要望に応じて塩の粒度や純度などの規格を決定します。品質保証では出荷前の製品検査として試料を分析し、品質基準に適合しているか、不純物の混入がないかなどを調べます。問題があれば原因を究明するため製造部にフィードバックします。お客様からの質疑対応と調査、分析機器の保守管理の指示と確認、包装仕様や物流方法の提案も行います。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
当社のグループ会社が特殊製法塩の新製品を受注し、品質保証部で製法を確立したことです。製造のための工場を増築し、品質保証部で製品の試作と品質の分析を繰り返し行い、基準に適合した製法を確立しました。グループ会社が製造からパッケージ詰めまで一連の工程を手がけ、出荷を行うようになりました。店に並んだ商品を見た時、製品化に携わったものとして感慨深かったです。そのことがとても印象に残っています。
仕事をするうえで心がけていることはありますか。
どんな仕事をするにも人と関わるため、コミュニケーションを重視するように心がけています。相手が何を伝えたいのかをきちんと聞くようにして、言葉だけでなく時にはニュアンスを汲み取ることも必要です。特にお客様の規格に適合する製品を作るには、要望を細かくヒアリングしなければなりません。その一方で分析結果や考えを相手に正確に伝えることも重要です。製品を介して、互いがきちんと説明し、正しく理解することが大切です。
8:30 
その日の分析業務の打ち合わせ、検査内容の指示
10:00
品質保証書の作成
13:00
関係部署と品質計画の作成
15:00
製造現場改善箇所の確認
17:00
その日の分析結果の確認、出荷検査記録の作成


「立場上、人材の育成にも注力。業務を通じてアドバイスをするほか、外部の講習などで知識とスキルの向上を図ります。社内で業務活動の発表もあるため、勉強は欠かせません」と藤田さん。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

ログイン

 Now Loading..
事務局のお知らせINFO