DOWAテクノエンジ株式会社

  • 業種:メーカー
  • 職種:営業系
  • 本社所在地:岡山県岡山市南区築港栄町31-10
  • 資本金: 4億円(2017年3月現在) 従業員:全体90名(DOWAホールディングス(株)連結従業員数 約6,400名)  売上高:2018年3月実績 49億円(DOWAホールディングス(株)連結売上高 4,547億円)

プラント・エンジニアリング×エンジニアリング職

DOWAテクノエンジ株式会社
エンジニアリング事業部
白神 昌弥さん(2015年入社)
DOWAテクノエンジでは設計から施工まで携われることから、電気関係に留まらず幅広い知識を身に付ける事ができ、様々な経験を積むことができると知り志望しました。
また、設計から施工まで一貫してプラント作りに携わることで、自分の設計や施工の良い点や悪い点を仕事の度に見つけることができ自己の成長に繋がる点にも非常に魅力に感じました。
実際に、仕事ごとに経験したことを活かし、より良い物を作ろうと日々精進しております。

プラント設備の制御画面製作をしています!

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
大学の工学部で電気について学んでいたことから、電気関係の職業に就きたいと思っていました。また、実家のある岡山で働ける会社を探していました。
現在の仕事内容を教えてください。
工場設備の制御画面を設計・作成しています。設備全体を絵で表現し、機器が運転しているか、故障しているかといった情報を表示します。それ以外にも、炉の温度や、水を貯めているタンクが満水か渇水かといった設備の情報も表示したり、機器の運転操作をすることもあります。工場設備にはたくさんの機器やタンクなどの物が使用されています。これを少ない枚数の画面でわかりやすく表示することが大変難しいです。枚数が多くなれば使用される方の操作が煩雑になり、かといって機器の絵や文字を小さくすれば見難くなります。そのため、絵や文字の大きさが見難くならない程度まで小さくしたり、重要でない情報を削ったりして画面を作成しています。画面の作成は難しいですが、画面ができて実際の設備とともに動いているところを見ると達成感があります。
一番うれしかったこと
人工骨材製造設備を作る工事で、タッチパネル画面を作成したときです。設備が大きく、画面作成が大変難しかったためです。画面作成は現場に入る前に本社で、機器全体の構成資料を確認して作成していたのですが、画面上にどのような情報があったらよいか考えられていない画面を作成していました。実際に現場へ入り、お客様や上司の方と話していくうちに自分の作成していたものに足りない情報が多いことに気付かされました。画面の修正をしていき、設備の試運転時に作成した画面が動いていくところを見ると嬉しくなりました。
これまでのキャリア
・新入社員研修(6ヶ月 ) ・DFT AK3設備工事 機器の制御盤設計他(3ヶ月) ・EOK DCS更新工事 プログラム置換作業、更新工事他(9ヶ月) ・MLTI 人工骨材製造設備 TP画面作成他(1年2ヶ月)


設計から施工まで携われます。

>>メッセージ一覧へ戻る