岡山土地倉庫株式会社

  • 業種:サービス
  • 職種:事務系
  • 本社所在地:岡山県岡山市東区光津700
  • 資本金:1億円 従業員:117名 売上高:58億5,400万円(2017年度実績)

総合職

岡山土地倉庫株式会社
本社営業所 業務課
佐藤 貴洋さん(2015年入社)
就職活動の際の合同会社説明会で、岡山は陸・海・空の交通機能が整った土地であり、西日本屈指の物流拠点になっていることを知りました。説明会では当社が地域の物流を担い、さまざまなお客様のニーズに応えている会社ということも知って、入社を決めました。

どんなに忙しくても、明るく笑顔でいることを心掛けています。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
物流の仕事に興味を持つようになった最初のきっかけは、大学時代にネットショッピングをしていたときやお店に陳列してある商品を見たときでした。そのような商品は、トラックなどで運ばれて手元に届くということが分かり、表には出ない仕事だとは思いましたが、人が生きていくうえで重要な仕事だと思いました。そのような物流業界に携われば、やりがいを感じられる仕事ができると思うようになり、この業界を目指しました。
現在の仕事内容を教えてください。
私の仕事は、さまざまなお客様からお預かりした大切な貨物を管理する業務です。お客様からの入出庫依頼を受けて、配送の手配などの段取りを行ったり、倉庫の中で製品がどのように置かれているかということや製品ロットなども確認したりします。出荷検品や出荷後の事務処理も行っていますし、それ以外にも電話対応やお客様との交渉など業務は多岐にわたります。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
昨年起きた西日本豪雨の際、被災した倉敷市真備町に物資を送って欲しいという依頼が当社に来ました。真備町は私の地元に近いですし、被災地に貢献できたらと思い、頑張って配送の段取りをしました。入場制限があり、結果的には送ることは叶わなかったのですが、自分はこの仕事をすることでこれからも陰ながら被災地を応援していきたいという気持ちが芽生えたので、印象に残っています。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか。
物流業は社内社外問わず、多くの人と接しながら進めていく仕事です。入社1年目は右も左も分からず、ほとんど仕事に貢献できていなかったと思いますが、何年か経験を重ねているうちに現場の方からも頼りにされるようになり、自分の成長を感じられてやりがいを感じます。自分も現場の方とコミュニケーションを取りながらする仕事が楽しいですし、どんなに忙しく、疲れていても、常に明るく笑顔でいることを心掛けています。
8:00
出社、前日の業務のオーダーの取り出し
8:30
業務開始、入庫処理、検品作業。
11:00
出荷オーダー取り込み、作業指示書を現場にまわす。
13:00
電話対応、積み込み手配。
16:00
出荷後の事務処理、翌日の準備。
19:00
退社。


現在携わっていない仕事にもチャレンジし、多くのお客さんに信頼されて「佐藤さんでないと任せられない」と言われるような人材になりたいと思っています。

>>メッセージ一覧へ戻る