岡山通運株式会社

  • 業種:サービス その他
  • 職種:営業系 事務系 その他
  • 本社所在地:岡山県岡山市中区新築港9-10
  • 資本金:1,500万円 従業員:162名 (2018年2月現在) 売上高:38.4億円(平成28年度)

物流・倉庫

岡山通運株式会社
輸送課
片山 博貴さん(5年目)
 第一志望だったからです。生まれ育った地元で、経営基盤の安定した運送会社で働きたいと思っていて、“岡山通運”は、ピッタリの会社でした。子供の頃から町中を走る当社のトラックを見かけて馴染みがありましたし、トヨタ系のグループ会社の一員という安心感がありました。

安心安全に荷物を運ぶことにこだわりたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
父親が中距離のトラック運転手で、小さな頃は助手席によく乗せてもらっていました。そんな父親の働く姿に憧れもあって、この業界に自然と目を向けた感じです。業界研究をする中で、岡山が西日本エリアをカバーする屈指の物流拠点であることを知り、社会の経済活動を支える“物流”に興味を持ちました。物流という仕事を通じて、地域経済の発展に役に立ちたいと思ったからです。
現在の仕事内容を教えてください。
配車業務をメインに担当。お客様からお預かりした大切な荷物を確実に、安全に届けられるように、トータルに運行管理することが仕事の役割になります。お客様の荷物は、積載量や形状、種類が様々で、納品の日時や場所、条件もいろいろです。一方で、荷物を運ぶドライバーも経験や勤務状況が各々違っていますので、それらを組み合わせながらベストな運行のスケジュールを組んでいきます。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか?
“安全第一”を常に意識しています。繁忙期になると荷物の量も多く、ドライバーの負担が大きくなりがちなのですが、安全に荷物を運ぶことを第一に考えて、無理のない運行スケジュールを組むようにしています。事故やトラブルを起こさないためには、ドライバーとの関係性を深めること。仕事やプライベートの話をするなど、日頃からコミュニケーションを図って、ドライバーの仕事の現況を自分なりに把握できるように心掛けています。
今後の目標や夢は?
現在、短距離の地場の配車を担当していますが、将来的には、長距離の区域の配車に携わって、労務管理などを身につけてスキルアップしていきたいです。また、総合職なので、陸上貨物だけでなく、JR貨物や航空貨物、倉庫など、いろいろな仕事にチャレンジしてみたいです。様々な仕事を経験することで、物流の面白さと楽しさを積極的に体感していきたいですね。
7:00
出社。アルコールチェック。
8:00
朝礼。当日の配車予定の確認、ドライバーに運行指示。
13:00
翌日以降の配車予定表を作成。伝票の準備。
14:30
運行状況をドライバーと確認。
15:30
問い合わせや打ち合せなどの電話対応。


「片山のためなら何とか応援してやろう」と、言っていただけるように、一生懸命仕事に向き合って、情熱を伝えていきたいです。

>>メッセージ一覧へ戻る