山陽技研株式会社

  • 業種:サービス その他
  • 職種:事務系 建築・土木系
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区青江4-8-1
  • 資本金:4800万円 従業員:45名 ( 男39名 女6名) 売上高:31億6600万円(2017年6月期) 

建設・土木 技術職

山陽技研株式会社
管理部
三木 康平さん(入社11年目)
「水と空気を管理する」というキャッチフレーズに惹かれました。人が生活するうえで必要不可欠なものを管理するという仕事に興味を持ちました。あっせん機関に当社への紹介を希望。面接で「やる気があれば誰でもできる」と言われて入社を決めました。

水と空気を管理する。その実現に報告・連絡・相談を徹底します。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
工業高校を卒業後、陸上自衛隊に入隊し、広島で勤務。4年が経った時、帰岡して仕事に就こうと思いました。自衛隊を辞める時に就職先のあっせんがあり、その中に当社が含まれていました。特に建設業界を目指していたわけではありませんが、高校の専攻が機械科で、小さい頃からモノづくりは好きでした。体を動かしてモノづくりに関係する仕事が向いていると思ったのが理由です。
現在の仕事内容を教えてください。
大きく分けると図面作成、工程管理、安全管理、予算管理の4つが柱です。具体的には建物の設計図をもとに作業者に仕事をしてもらうための施工図の作成、建築の全体工程の中で担当する工事の開始時期と工事期間の設定、作業者への注意確認・規則順守の徹底、お金の管理を行います。一方で主任という立場上、現場でのOJTを通じて後輩に知識や技術を伝えています。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか。
仕事に関する報告・連絡・相談、いわゆる「ほうれんそう」を怠らないように指導しています。それを受けることで、状況を適切に判断したり、迅速に指示を出すことができます。空調と水の設備は見えない場所にあるので問題が生じていても分かりにくく、被害が大きくなることも。何かが起こってからでは遅いわけです。問題の発生を未然に防ぐためにも報告・連絡・相談の徹底を図っています。
どんな人がこの仕事に向いていると思いますか。
建築・土木分野の仕事ですが、専門知識や技術がなくても問題ありません。実際、私も皆無で入社しました。やる気と向上心があれば大丈夫。仕事のことは何でも学ぼうとする意欲が一番大切です。ほかに建物の設備工事という公共性の高い仕事なので責任感がある人、そしてさまざまな業者さんや作業者と一緒に仕事を行うのでコミュニケーションが取れる人が向いていると思います。
8:00 
朝礼
9:00 
現場巡視
10:00 
事務作業、業者同士の打ち合わせ
13:00 
現場巡視
14:00 
施工図の作成、資料作成


「必要なのは、やる気と責任感とコミュニケーション。知識と技術は学べば身に付きます。私を含めて一からスタートした社員もたくさんいるので大丈夫です」と三木主任。

>>メッセージ一覧へ戻る