日本赤十字社岡山県支部 【岡山県支部/岡山赤十字病院/岡山県赤十字血液センター】

  • 業種:サービス 医療・福祉 その他
  • 職種:事務系
  • 本社所在地:東京都港区芝大門1-1-3
  • 資本金:― 従業員:1144人(うち事務職134人) ※日本赤十字社岡山県支部、岡山赤十字病院、岡山県赤十字血液センターの正職員数 売上高:―

医療・福祉・介護×事務職

日本赤十字社岡山県支部 【岡山県支部/岡山赤十字病院/岡山県赤十字血液センター】
岡山赤十字病院  医事第一課
長崎 真子さん(2年目)
 “苦しんでいる人を救いたい”という理念がシンプルでわかりやすく、人のお役に立てることで仕事にやりがいが持てると思ったからです。また、福利厚生をはじめ、働きやすい環境が整っていて、長く勤務できる点も魅力でした。将来の働いている姿が想像しやすかったですね。

患者様一人ひとりに合った真心を込めた応対をしたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
就職活動は、業界にこだわらず職種を優先しました。デスクワークだけでなく、身体を動かし、人と接することができる仕事をやりたいと考えていました。医療分野に目を向けたのは、大学のキャリアサポートセンターの資料室で卒業生の就職先リストの中で日本赤十字社を偶然見つけたのがきっかけです。地元に根づいて幅広い活動を続けていることを知り、地域医療を支える一人になりたいと思ったからです。
現在の仕事内容を教えてください。
午前中は、病院1Fの窓口で、主に患者様の保険証の確認、新規登録のIDの発行、受付票の作成などの受付業務に携わっています。午後からは、事務所内でのデスクワークが中心で、生活保護に関する業務に従事しています。福祉事務所から届いた書類を病院内の先生に回覧し、患者様の症状確認など、書類の手続きや管理を担当しています。午前と午後では仕事内容が全然違いますので、気持ちを切り替えて仕事をするようにしています。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか?
患者様との距離感を大切にしています。特にご高齢の方には、敬語で話すより岡山弁で話した方が話を聞いて下さったり、話が通じたりすることが多いので、言葉で選んで距離を縮められるように心掛けています。また、大きな声だと補聴器と合わない時もあるので、相手の目を見てハッキリとしゃべることを意識しています。流れ作業で受付をするのではなく、患者様一人ひとりに合った親近感のある応対に気をつけています。
今後の目標や夢を教えてください。
レベルアップすること。医事課全体の中では、現在携わっている仕事は初歩の初歩で、実際には経験したことがない難易度の高い業務がたくさんあります。例えば、診療報酬明細書(レセプト)の計算業務もそのひとつ。医療内容を把握するために欠かせないものなので身につけていきたいです。また、子育てしながら活躍している女性の職員が多く、自分の将来設計の良いお手本として参考にしていきたいです。
8:25 
朝礼。連絡事項や外来予約数などを確認。
9:00 
受付対応。保険証の確認や登録業務。
13:15 
デスクワーク。生活保護に関する業務。
16:30 
受付カウンター周りの片付け。


患者様からの「ありがとう」が仕事のモチベーション。お役に立てることが何よりもうれしいです。

>>メッセージ一覧へ戻る