双葉電機株式会社(日立グループ専門商社)

  • 業種:商社
  • 職種:営業系 事務系 建築・土木系 その他
  • 本社所在地:岡山県岡山市南区福成2丁目23番地18号
  • 資本金:4,950万円 従業員:98名 売上高:65億円(2017年3月実績)

商社×技術

双葉電機株式会社(日立グループ専門商社)
公共システム部
佐藤 允春さん(入社3年目)
日立グループの技術商社で幅広い電気製品を取り扱っており、学生時代に学んだ電気の知識と第2種電気工事士の資格が生かせると思ったからです。ワンフロアの職場も社員同士のコミュニケーションが取りやすく、働きやすそうで魅力でした。

もっと経験を重ねて、どんな現場でも任される管理者が目標。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
中学校の先生の影響で理科が好きになり、ラジオを組み立てるなどしていました。高校卒業後は技能を身につけようと職業能力開発大学校に進学。生産電子システム技術科で電気に関する知識と技能を学び、第2種電気工事士の資格を取得しました。就活では学校で学んだ知識と取得した資格が生かせる電気技術系の業界を志望。中でも電気制御でモノを動かすことに興味があり、製品づくりを手がけている企業を目指しました。
現在の仕事内容を教えてください。
公共システム部で上下水道用や農業灌漑(かんがい)用のポンプ設置の現場管理を担当。製品発注から現場搬入、施工業者による据え付け、完成検査まで一連の作業を管理監督します。現場の状況によっては搬入経路の確保や残土処分などが必要になることもあり、その段取りも行います。数日程度の工事から1年掛かりの大規模な工事まで複数の工事を並行して行っているため、それぞれの工事内容を正確に把握しておくことが必要です。
この仕事のやりがいは何ですか。
ポンプの納期や現場での作業日程、塗装などの養生期間を考慮して、工事ごとの工程を組みます。すべての工程を自分で考えて組めることがやりがいです。施工業者と協力して設置を行い、検査で問題なく工事を完工できた時は、うれしくて達成感がありますね。水は人の生活や産業に欠かせないもの。仕事を通じて、安全安心な水の供給や環境に配慮した排水の実現に貢献しているという自負もあります。
今後の目標や夢を教えてください。
入社3年目ですが、まだ仕事の面で上司のサポートを仰ぐケースが多く、すべてを独力で遂行できるようになることが当面の目標です。もっと経験を重ねることで、どんな現場でも任せてもらえるような管理者を目指したいですね。一方で上下水道の施設で行われている水質管理の仕組みを把握し、社会に環流しているすべての水に対する理解を深めたいと思っています。
8:00 
出社
8:30 
現場で作業の進行管理
17:00
現場の作業終了、片付け
17:30
帰社後、書類作成


入社後、社員旅行で海外に行ったことがとても印象に残っています。普段の仕事を忘れて楽しく過ごすことができました。オンとオフの切り替えをしっかりすることが大切だと実感しました。

>>メッセージ一覧へ戻る