平田グループ(京呉服 好一株式会社)

  • 業種:小売
  • 職種:営業系 販売・接客系
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区辰巳2-106
  • 資本金:2,550万円(グループ計) 従業員:34名(グループ計) 売上高:5億円(グループ計)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

営業・販売

平田グループ(京呉服 好一株式会社)
部署肩書 チーフ
深井 一貴さん(入社4年目)
合同会社説明会で浴衣姿の男性担当者を発見。気になって話を聞いたのがきっかけです。着物の知識がなくて不安でしたが、最初はみんなそうだという話を聞き、安心しました。社員が楽しそうに仕事をしている姿を見て、自分も挑戦しようと思いました。

成人式の晴れ姿に関われることが喜び。お客様が楽しく過ごせる店に。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
将来はSEになろうと大学の総合情報学部に入学。そこで4年間学びましたが、デスクワーク中心の仕事が合わないように思いました。家電量販店での接客販売のアルバイトが楽しかったこともあり、就活はIT業界と営業・販売業の両方で検討。多くの会社を訪問する中、合同会社説明会で浴衣姿の担当者に出会い、話を聞きました。着物の知識は皆無でしたが、接客販売の仕事が楽しいと思い、選びました。
現在の仕事内容を教えてください。
一般呉服の訪問着や留袖、振袖、袴、帯、草履やバッグなどの小物、ジュエリーの店舗販売が中心です。着物に興味を持ってもらうための裾野づくりとして、ホームページ告知やチラシ配布による高校生への浴衣プレゼントを実施。その際のアンケートや他の名簿をもとに、成人式用の振袖の電話営業を行います。成人式用の振袖購入をきっかけに、訪問着や留袖などの販売につなげていきます。
うれしい(楽しい)と感じるのはどんな時ですか。
高校3年生で成人式用の振袖を決める人もいます。2年後に会うと大人の女性になり、成長の早さに驚かされます。育てられたご両親の思いと20歳を迎えた本人の思いが重なる中、振袖と小物のコーディネートに自分が関われることがうれしいですね。成人式の晴れ舞台で「振袖が可愛かった」と言っていただけることが仕事の喜びです。成人式を機に母親が記念で着物を購入されることもあり、うれしいですね。
仕事をするうえで心がけていることはありますか。
スタッフの接客が楽しかった、振袖のコーディネートが素敵だったなど、お客様に来店してよかったと思っていただけることが大切だと思います。着物を購入していただけるに越したことはありませんが、販売するだけでなく、店で楽しい時間が過ごせたと思っていただけるように心がけています。親しめる接客で店に対する敷居を低くし、着物が演出する非日常的な雰囲気を楽しんでいただきたいと思いますね。
9:00 
出社。パソコンで来店予約などを確認、返事。
10:00 
開店。振袖の試着、コーディネート。
13:00 
パソコン・携帯のSNSの更新。
17:00 
成人式用の振袖の電話営業。


「着物のことは何も知らずに入社しましたが、京都での研修で製作工程などの知識を修得。畳み方や着付けなども先輩が基本から指導してくれるので安心してください」と深井さん。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報