株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】

  • 業種:サービス その他
  • 職種:営業系 その他
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区西長瀬1206番地7   
  • 資本金:1億円 従業員:320名 売上高:22.6億円(2018年2月実績)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

営業職、その他

株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】
営業部
久山 亮介さん(入社4年目)
岡山の合同企業説明会で当社を知りました。警備業は体力が必要な印象で少し不安がありましたが、仕事の全体像を聞くと人並みの体力があれば十分活躍できると知り安心。天満屋グループの一員で、地元の警備会社ではトップクラスという安定感に魅力を感じて入社しました。

お客様にとって最善のご提案を。安心安全を提供することが仕事のやりがい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
京都の大学に進学し、就活も関西で金融業界を中心に行っていました。その後、Uターン就職も考え、地元岡山でも活動。人と接する営業職を中心に、視野を広げて就活を行いました。合同企業説明会で当社を知り、話を聞くと警備、営業、機器の取付工事等多彩な業務があることが分かりました。人々の生活に安心安全を提供し、快適な社会環境づくりに貢献できる仕事だと思い選びました。
現在の仕事内容を教えてください。
最初の約2年間は機械警備の営業を担当しました。担当地域の法人と個人宅を対象に、お客様から要望を伺い、図面をもとに警備計画図を作成。センサーや電気錠、防犯カメラなどの装置の種類や設置場所を検討し、お客様にとって最善の提案を行いました。現在は消防設備の担当で、消火器や自動火災報知設備などの点検を行っています。一つひとつの設備が正常に作動するか確認作業を行い、その結果を報告書に取りまとめ消防署に提出するのが主な内容です。
この仕事のやりがいは何ですか。
機械警備の営業はセンサーなど装置の提案を通じ、人には見えないところで犯罪を防ぐことに繋がります。防犯カメラのように、犯罪を抑止するとともに早期解決の手がかりを提供するものもあります。消防設備は普段は使うことがほとんどないため、点検により動作確認を行います。機械の不良を発見した際は、間接的に人の命を救う手助けができたように思えます。目立つ仕事ではありませんが、私たちの仕事が人々に安心を与えていると思うとやりがいを感じます。
仕事をするうえで心がけていることはありますか。
お客様から機械警備の依頼があるということは、何かしら心配事や不安があるということ。機械警備の営業では、お客様が何が心配で、どのような要望をお持ちなのかを共有することが重要です。そのうえで、それぞれのお客様に見合う提案を行うように心がけていました。一方で消防設備の点検では「火災時に作動しない」といった問題が起こらないように、設備が正常に作動しているかをしっかり確認するようにしています。
9:00
朝礼。
10:00
お客様を訪問し、ご要望をヒアリング。
11:00
既存客を訪問し、状況確認。
13:00
ご要望をもとに警備計画図を作成。
15:00
図面が完成、見積もりを作成。


「行動は迅速に、何事もスピード感を持って取り組むようにしています。人並み以上の体格と体力が必要な仕事だと思っていましたが、そんなことはありません」と久山さん。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報