就ナビ内定者体験記 「就ナビ」を活用して、内定を獲得した先輩の就活体験記を大公開!!あなたの就活の参考にしてくださいね。

2017年卒の先輩の体験記はコチラ!
I.Eさん
就実大学I.Eさん
高松商運(株)
岡山県内、中四国(広島、香川、高知)、大阪
T.S さん
岡山大学T.S さん
大手電機メーカー
大阪、東京
T.H さん
甲南大学T.H さん
両備グループ
岡山で就活!
I.Eさん
岡山県内、中四国(広島、香川、高知)、大阪

就実大学I.Eさん

  1. 内定先/高松商運(株)
  2. 就活の軸/
    接客業、社風が自分と合うところ、専門性を活かせる
  3. 志望業界/航空、金融
  4. 個別会社説明会に参加した社数/15社
  5. エントリーをした社数/25社

就職活動のスケジュール

大学3年生
8月〜3月

就活イベント、セミナーや合説に参加して就職活動の進め方や企業研究を進めた。
エントリーシートや履歴書の作成を進める。

2月

1dayインターンシップに参加。

3月

就活解禁。

大学4年生
4月〜6月

個別会社説明会に参加。選考、企業研究。

7月

選考、企業研究。

8月

内定 内定
入社を決めた理由
一番大きな決め手は自分が高校生の頃から憧れていたグランドスタッフの仕事ができるところです。また、社風です。やはり、家族よりも多くの時間一緒に仕事をする中で、どれだけ好きな仕事でも、一緒に働く人たちの雰囲気がよくないとやる気や楽しさがないと思います。インターンシップに参加した際の社員の方々の仲の良さや、私に対するフレンドリーさを実感して、ここに決めました。
選考対策で工夫したこと
企業研究ノートを作りました。リング付きのバインダー式のものを買い、企業ごとにまとめておくと振り返るのに便利でした。まとめておいたノートを見て、面接のときにこれをポイントに伝えようと考えたりすることで、落ち着いて話すことが出来ました。
「就ナビ」のココが良かった!
どこよりも身近な存在で、いつでも質問や添削をしてくださることで不安を取り除くことができ、すごく助かりました。
就活生へのメッセージ
就職活動は自分が思っているよりもすごく大変です。ですが、これから出会う就活生との会話の中で、自分と同じ方向を目指していることを知るとより一層、頑張ろうと思えたり、情報共有もできるのですごく重要です。様々な価値観を持ったり、経験ができるので一度きりの新卒就活をぜひ、無駄にはせず自分が納得行くまで頑張ってください。

ページトップへ

T.S さん
大阪、東京

岡山大学T.S さん

  1. 内定先/大手電機メーカー
  2. 就活の軸/人々の日常の安心を支えることができる、多くの人に影響を与えることができる
  3. 志望業界/メーカー(重電)
  4. 個別会社説明会に参加した社数/30社
  5. エントリーをした社数/40社

就職活動のスケジュール

大学3年生
6月

就活を意識し始め、就活セミナーに参加し始める。

8月〜2月

インターンシップに参加しながら、並行して自己分析を行う。

1月

学生時代に力を入れたこと・自己PR作成し、面接練習を開始。

2月

エントリーする企業を決定。

3月

選考開始。個別説明会に参加し、企業研究を行う。

大学4年生
4月〜5月

選考への参加。

6月

面接、内定内定
入社を決めた理由
社員の方に会わせていただき、この方たちの下で働くことができれば、自分自身が大きく成長できるだろうと強く感じたことが決め手になりました。私はこれまでの人生の中で挑戦することで自分自身を成長させてきたので、日本のトップメーカーで挑戦してみたいという思いがあったからです。また、官公庁や海外との取引も多く、水、エネルギーなどの事業を展開されており、世界中の人々の生活を支えている点にも大変魅力を感じました。
選考対策で工夫したこと
自分の強みを生かした面接ができるようにしました。そのために自己分析を重ね、私の強みは何か、どのようにすればそれが面接官に伝わるか考えるようにし、自分らしさを出せるように「面接」と思わず、社会人の方と「会話」を楽しむよう心がけました。また、提出したESの内容に対して『なぜ』を突き詰めていくようにしました。具体的に言うと「なぜその時、その行動をしたのか」「なぜ、そのように思ったのか」と深掘りを行いました。そうすることで、どのような質問に対しても落ち着いて答えることができました。さらに、選考後はすぐにどのようなことを面接で聞かれ、何を話したか、反省点などをノートに書き記していき、次の選考に生かすことができるようにしました。
「就ナビ」のココが良かった!
親身になってアドバイスをしてくださる点です。早い時期からセミナーを開催しているので就活への準備がしっかりとできました。また、ESの添削や面接練習を何度も行ってくださりアドバイスをしてくださったので選考対策がしっかりできました。どんな質問でも親身になって相談にのってくださったので、就活への不安が解消されました。就ナビのサポートがあったからこそ、後悔のない就職活動ができたのだと感じており、就ナビの皆様には感謝してもしきれません!
就活生へのメッセージ
就職活動に対して漠然とした不安を持ってる方も多いと思います。私も一年前は内定を頂けるのか不安で不安で仕方ありませんでした。しかし、就職活動は苦しいことばかりではありません。就職活動を通して自分自身を見つめなおすことができ、『あ!私ってこんなことに興味があるんだ』といった新たな発見も多くありました。また、就職活動以外で様々な企業の方とお話できる機会はあまりないと思いますし、準備をしっかりしていれば意外と楽しく行うことができます!息抜きもしつつ、就職活動が終わった時に『やりきったぞ!』と、後悔のないようにがんばってください!

ページトップへ

T.Hさん
岡山(地元)

甲南大学・経営学部経営学科/T.H さん

  1. 内定先/両備グループ
  2. 就活の軸/やりがい・地元貢献・人間関係
  3. 志望業界/小売業
  4. 個別会社説明会に参加した社数/7社
  5. エントリーをした社数/10社

就職活動のスケジュール

大学3年生
4月

就活を意識し始める

8月

就ナビに出会い、そのきっかけで2社のインターンシップに参加。

10月〜12月

SPIの参考書を買い勉強を始める。自己分析も参考書を買い行う。

1月

大学の後期の試験に備える。

2月

自己PR・エントリーシートの作成・面接練習

3月

就活開始

3月上旬

合同説明会・個別説明会

3月中旬

筆記・1次面接・適性検査・2次面接

大学4年生
4月上旬

最終面接・内定 内定
入社を決めた理由
内定を決めた理由は2つあります。1つ目は、自分自身の就活の軸にマッチしていたからです。インターンシップや会社説明会などを通じて、本当にやりがいがあるのか、地元に貢献しているのか、人間関係は良いのかを見ました。2つ目は、多事業企業だったからです。
将来の夢・目標・やりたい事は様々な経験や体験で変わってきます。その時に多事業企業だと会社を辞めずに違う部署に所属・移動できるというメリットがあります。この2つの理由から入社を決めました。
選考対策で工夫したこと
工夫した事は、合同説明会・個別説明会・インターンシップの後に企業の方、人事の方に積極的に質問をしに行く事です。これを行う事で「私はこの会社が気になっています。この会社に入りたいです。」というアピールにもなり、とても印象に残りやすいです。また、コミュニケーションを取る練習にもなるし、ビジネス用語・ビジネスマナーの練習にもなるので一石二鳥です。是非、イベントに参加する際には、顔と名前を覚えてもらって帰って下さい。
「就ナビ」のココが良かった!
面接練習や履歴書・エントリーシートの添削を親身になってサポートして頂きました。しっかりコミュニケーションを取ながら活用すれば充実した就活の準備を行う事ができます。実際に僕も活用していて、就ナビに出会えていなかったら納得した就活生活を送れていなかったと思います。それぐらい大きな存在でした。
就活生へのメッセージ
就職活動はこれから40年近くの人生を決める大切な時期です。休み・給与などで決めるのも良いのですが、しっかりと人間関係や事業内容などの会社の内側の部分を見て決めた方が良いと思います。大変だと思うけど就活の仲間と一緒に切磋琢磨しながら、良かったと思えるような就活にして下さい。応援しています!

ページトップへ

H.A
岡山・広島(井笠地域、福山地域)

ノートルダム清心女子大学H.A さん

  1. 内定先/片山工業(株)
  2. 就活の軸/
    ・事務職・自宅から通える・土日が休み・社風が自分に合っているか・就活生を大事にしているか
  3. 志望業界/製造メーカー
  4. 個別会社説明会に参加した社数/11社
  5. エントリーをした社数/40社

就職活動のスケジュール

大学3年生
6月

初めて就活のイベントに参加するもまだ就活は意識していなかった

8月

就活を意識「就ナビキャリアゼミ」などに参加、その他のイベントにも参加
SPI対策を始める

10月〜2月

自己PRや学生時代に頑張ったことなどESや履歴書で聞かれそうな内容を考える

11月

業界・企業研究

3月

エントリー開始、合同企業説明会や個別会社説明会に足を運ぶ選考開始

大学4年生
4月

筆記試験、WEB試験

5月

グループディスカッション、面接

6月

内定 内定
入社を決めた理由
入社を決めた理由は3つあります。1つ目は、福利厚生などがしっかりしていたからです。将来的に結婚などをすることを考えると会社の中に保育園があることやフレックスタイムなどの制度があることは有難く、長く仕事を続けられそうと思ったからです。2つ目は、社風が自分と合っていると感じたからです。説明会や面接などを通して、非常に風通しの良い会社だと感じ、年齢や役職に関係なく社員の方が話していらっしゃるのを見て、自分ならこの会社でやっていけそう!やっていける!と思ったからです。3つ目は、自分自身が成長していける環境だと感じたからです。社長が、何事にも挑戦してほしいとおっしゃっていて、型にはまったことだけをするのではなく興味がわいたことを何でもしてみたいと思っている自分に合っていると感じました。
選考対策で工夫したこと
選考を受ける会社の理念などを徹底的に研究したノートを作っていました。その会社に関連した新聞記事なども切り取って張っていました。また、組織図なども確認しておくと、面接で「もし入社したらどの部署に入りたいか」と聞かれたとき非常に役に立ちました。徹底的に調べておくことで、面接前日に焦って調べる必要がなくなり、急な質問にも答えることができました。
「就ナビ」のココが良かった!
就ナビのイベントに参加した際、いつも「こんにちは〜〇〇さん」と名前まで覚えてあいさつをしてくださりとても嬉しかったのを覚えています。また、「最近調子はどんな感じ?」と声をかけてくださったときも、親身になって相談にのっていただき、距離感が良かったように思います!一人ひとりの就活生を本当に大切にしてくださっている印象でした。就活が終わった今、就ナビのみなさまには本当に感謝しております。ありがとうございました!
就活生へのメッセージ
情報が解禁するまでは何をしていいのか、何をすべきなのかとても不安だと思います。けど、いざ説明会や選考が始まると周りは待ってくれないので、ちゃんと準備をしていなければなりません。自分を信じ、自分のペースで一歩ずつ進んでいってください!ときに弱くなっても止まってもいいんです!でも、決して諦めないでください!就活を楽しむことができたら、社会人になっても必ず楽しむことができます!頑張ってください!

ページトップへ

ログイン

 Now Loading..
事務局のお知らせINFO