ユアサシステム機器株式会社

  • 業種:メーカー 商社
  • 職種:営業系 事務系 研究・開発系 製造・生産管理系 企画系
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区久米6番地
  • 資本金:5000万円 従業員:40名(2017.2月現在) 売上高:8億9,400万円 (22期/2016.9月決算)

製造業×製品管理

ユアサシステム機器株式会社
業務部生産管理課
峰 由布子さん(入社1年目)
事務職を募集している企業の中で、当社が海外の企業や国内メーカーの海外拠点との取引が増えていることを知り、将来的に英語が使える仕事に就けそうだったことが一番の魅力でした。また、岡山県内の会社なので、家から通えて長く勤められると思いました。

英語のスキルアップが目標。海外との製品取引に貢献したい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
岡山県内の大学で英文学を専攻。就活の際、当初は勤務地を問わず、航空やホテルなどのサービス業を志望していました。しかしながら、就活を進めるうちに、年齢や体力的な面で長く勤務できるかどうか不安を感じました。そこで、業界を絞らず、長く勤務できそうな事務職に志望を変更。岡山県内で事務職を募集している企業を探していたところ、当社で英語が使える仕事に就ける可能性があったので、この業界を選びました。
現在の仕事内容を教えてください。
生産管理課で、主に耐久試験機の在庫管理、製品発送、製品の発注依頼、資料の作成などを行っています。耐久試験機はバリエーションが多いため、主要部品などパーツの不足が起こりがちです。その在庫管理が重要で、不足しそうなパーツは資材課に発注します。また、海外に製品を発送する際、取扱説明書の英訳なども担当しています。課自体が昨年11月に設置されたばかりで、今は全体で製品の受発注管理システムの確立を進めています。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
入社して間もない時、国内の展示会で当社のブースを訪れた中国の方から「小型の耐久試験機に興味がある」というメールが英語で届きました。まだ、製品内容も価格も何も分からない状態でしたが、必要な情報をすべて用意してもらい、仕様書を英訳。専門用語に苦労しながら、訳した文書を先方に送信したところ、製品を購入してくださいました。初めて英訳に取り組み、しかも購入に結び付いたことで、とても印象に残っています。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか。
席が出入り口に最も近いので、お客様をお迎えする時は笑顔であいさつをして、好印象を持っていただけるようにしています。電話の応対も言葉使いや声のトーンに気をつけるようにしています。また、英語のスキルを高めるために、公的機関で実施されているプログラムに参加しています。将来、仕事で英語を使う機会はもっと増えてくるはずなので、勉強を頑張りたいですね。
8:30
新聞と郵便物を取りに行き、各人に配る。
10:30
製品の発送準備。検品して取扱説明書を同封し、梱包する。
14:00
耐久試験機の在庫を確認する。
16:00
不足している製品パーツの発注依頼をする。


「製品の在庫と受注の状況を正確に把握できるシステムを確立し、より効率的な生産管理を行うことが目標です。英語の勉強ももっと頑張りたいですね」と峰さん。

>>メッセージ一覧へ戻る