竹久夢二本舗敷島堂株式会社

  • 業種:メーカー 小売 サービス
  • 職種:営業系 販売・接客系 製造・生産管理系
  • 本社所在地:岡山県瀬戸内市邑久町尾張1153-1
  • 資本金:1000万円 従業員:99名 (男33名 女66名) 売上高:9億467万円 (2015年6月)

菓子メーカー×営業

竹久夢二本舗敷島堂株式会社
営業部
瀬尾 翼さん(平成25年 入社)
「お菓子づくりは夢づくり お菓子づくりは人づくり お菓子づくりは幸せづくり」という経営理念が心に響いたことがきっかけと
なり、インターンシップや店舗見学に参加。「こんな活気ある職場で働きたい」と思い当社を志望しました。

当社のお菓子で幸せを届けるために、お客様とお菓子の橋渡し役を担う。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
就職活動を前に自己分析をすると、食べることが好きだということ に気付き、食品関係の業界を志望しました。また、大学で学んだ経 営や経済の知識を営業の仕事に生かしたいとも考えていました。合 同会社説明会では数十社回りましたが、その中で出会った『敷島堂』 に惹かれ、説明会で営業部の部長と話しているうちに、「部長のよ うに生き生きと仕事をしている人と一緒に働きたい」と思うように なり、それからは一社に絞って活動しました。
現在の仕事内容を教えてください。
岡山市内・山陽・玉島・笠岡方面の百貨店や量販店などを回り、商 品管理や発注業務、売り場づくりなどを行なっています。お客様の年齢層によって、店舗ごとに売れ筋商品が異なるので、そういった ことをきちんと把握し、売り場の担当者としっかりコミュニケーシ ョンをとり、少しでも多くの情報を得ることを心がけています。お 客様がどういった商品を求めているかを知ることや、商品の取りや すさを考えたお客様目線のディスプレイを作ることも大切です。
この仕事のやりがいは何ですか。
自分たちが作りたいと思うお菓子のアイデアを出し合い、それを実 際に作り、販売できるところです。営業部でも新商品のリリースに 向けて、常にアイデアを出し合っているんですよ。岡山県内の他社 商品をリサーチするだけでなく、東京で人気のお菓子の見た目や味、パッケージなどもチェックしています。また、売り場のディスプレイを変更したり、お客様が思わず買いたくなるような効果的なPOPを作ったときに売上が増え、数字で見えたときはうれしいですね。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
取引先の売り場で商品を陳列していたとき、熊本からお越しの お客様に声をかけられたので、商品の素材や味の説明をしました。 「あなたが丁寧に説明してくださったお菓子はきっとおいしいと思 うから、ぜひ直営店へ行ってみたい」とのお言葉をいただき、その 売り場から直営店までかなり遠かったにも関わらず、「今から行き ます」とおっしゃっていただきました。営業は普段、お客様と直接 お話する機会がないので、とてもうれしく、励みになった瞬間でした。
8:00
朝のミーティングで、前日の売上やその日の行き先を報告したり、連絡事項を伝達。取引先へ納入する商品を、営業車に積み込む。
8:30
取引先の百貨店や量販店などを訪問。隔日で、玉島・笠岡エリア、岡山市内・山陽エリアを効率よく回り、在庫状況をチェック。
13:00
昼食後は再び各取引先へ。商品納入、陳列のほか、売り場担当者から情報をヒアリングしたり、ディスプレイの提案・変更なども行なう。
17:00
帰社後、日報の記入。商品補充など翌日の準備や、売り場の要望を取り入れたディスプレイやPOPの提案プランを考える。


自分がやりたいことを見つけることは大切。面接では、会社やお客 様に貢献したいという思いやエネルギッシュな気持ちを営業職で生 かせることをアピールしました。熱意は必ず伝わると思います。

>>メッセージ一覧へ戻る