株式会社英田エンジニアリング株式会社英田エンジニアリング

  • 業種:メーカー
  • 職種:営業系 事務系 研究・開発系 製造・生産管理系
  • 本社所在地:岡山県美作市三保原678
  • 資本金:6000万円  従業員:130名 売上高:52億円(2017年12月期)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

製造業(生産設備など)×営業

株式会社英田エンジニアリング
環境機器事業部 営業課
大倉 卓也さん(入社4年目)
地元岡山で設備の設計などに関われる企業を志望していました。当社はオリジナルの生産設備の開発・製造などを手掛けていることから、ここなら自分のやりたい仕事ができそうだと思って入社を決めました。地元の優良企業というイメージがあったことも大きなポイントでした。

営業の楽しさを知り、全国各地で環境保全に貢献中!

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
もともとモノづくりが好きで、大学は工学部の機械システム工学科を専攻。製図や力学、熱処理など、大学で学んだ知識や技能が生かせると思ったことと、モノづくりに関わる仕事がしたいという理由で製造業を目指しました。
現在の仕事内容を教えてください。
ゴミ処理施設の破砕機に使用する刃物の営業をしています。機械の仕様や破砕物の種類、破砕の大きさなど、異なる要件に適合する刃物が必要になるため、製品はすべてオーダーメイドです。使用されている機械や破砕物の内容といった条件を調べ、その結果をもとに当社の製造担当者と刃の材質や形状について打ち合わせを行ない、ニーズに合った最適な製品を提供するのが仕事です。担当エリアは全国なので、北海道から九州まで営業に出かけています。
この仕事のやりがいは何ですか。
お客様や製造担当者と打ち合わせをしながら、一つの製品を作り上げていかなければならず、時には破砕したゴミが大きすぎるとか、刃が曲がったり、すぐに摩耗するなどのトラブルが生じます。その原因を調べて改善を図り、ようやく製品が完成して、お客様から「ありがとう」と感謝されると、次も頑張ろうという気持ちになります。また、大量のゴミ処理に役立つ製品づくりを手掛けていることから、社会の環境保全に貢献していると思うとやりがいを感じます。
今後の目標や夢を教えてください。
会話が得意なほうではないので、当初は営業ができるか不安でした。今は全国でいろいろな人に出会い、製品づくりを進めていく営業の仕事が楽しいですね。経験を積みながら、製品や材質に関する知識を増やし、売上を伸ばしていくことがこれからの目標です。もっとスピーディな対応を心掛けるとともに、オリジナルの材料を保有している点など当社ならではの強みをアピールしていきたいと思っています。夢は当社に関わっているすべての人が幸せになることです。
8:30
出社後、ラジオ体操をして朝礼。訪問先の資料を準備し、香川県に向かう。
10:00
香川県内の新規客を訪問。当社の会社説明を行なうとともに、ゴミ処理に関する問題点をヒアリングする。
14:00
香川県内の別の顧客を訪問。製品の説明を行ない、見積書を提出する。
15:00
もう1社の顧客を訪問。納品後の製品の状況を確認する。その後、帰社。


製品の刃物は数千種類もありますが、硬度や形状など同じものはまずありません。さまざまな使用条件を確認したうえで、製造担当者と打ち合わせをしながら製品化を進めていきます。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報