日本赤十字社岡山県支部 【岡山県支部/岡山赤十字病院/岡山県赤十字血液センター】日本赤十字社岡山県支部 【岡山県支部/岡山赤十字病院/岡山県赤十字血液センター】

  • 業種:サービス 医療・福祉 その他
  • 職種:事務系
  • 本社所在地:東京都港区芝大門1-1-3
  • 資本金:― 従業員:1152人(うち事務職134人) ※日本赤十字社岡山県支部、岡山赤十字病院、岡山県赤十字血液センターの正職員数 売上高:―
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

医療・福祉・介護×事務職

日本赤十字社岡山県支部 【岡山県支部/岡山赤十字病院/岡山県赤十字血液センター】
岡山県赤十字血液センター  献血課
丹下 将希さん(入社2年目)
 私の祖父はガン治療のために輸血を受ける
ことになっていました。しかし、その直前に
容体が悪化し、輸血することなく亡くなりまし
た。その経験から、輸血は人を救うために重
要な手段だと実感し、輸血を必要とする患者
さんの役に立ちたいと思ったからです。

輸血を必要としている患者さんを、ひとりでも多く救いたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
祖父を病気で亡くした経験から、少しでも多くの人を助けたいとい う思いがあったためです。というのも、私は祖父母とずっと一緒に 暮らしており、病気を患っていたふたりの介護の手伝いをしてい ました。そうして長年接しているうちに、ほかの困っている人も助 けたいという思いを強く抱くようになり、就職活動の際にこの業界 を選びました。当時は、日本赤十字社の献血バスのスタッフに話を 聞きに行くなどし、実際の業務への興味も深めていきました。
現在の仕事内容を教えてください。
私が所属する献血課の主な仕事は、献血バスに医師や看護師ととも に乗り込み、県内の色々な場所を訪問しては献血の受け入れを行 なうことです。そして、献血者の方のために受付けや説明などを行 ないます。私は入社後に大型運転免許を取得し、献血バスの運転 もしています。必要とする血液の量はその日ごとに決まっているの で、その数を確保するために声掛けを行なったり、周辺の施設や企 業への献血の依頼も積極的に行っています。
この仕事のやりがいは何ですか。
献血課では献血の受け入れを行なっているのですが、自分たちがが んばって必要数を確保しないと患者さんに輸血用血液を届けること ができないため、無事に達成できたときにはやりがいを感じます。 また、献血に来てくれる方は無償での提供なので、人の優 しさを感じることのできる素晴らしい仕事だと思っています。とき には、献血者の方から「(患者さんのために)ありがとう」と言っ てもらえることもあり、人の役に立っていると思うとうれしいです。
就活生への応援メッセージをお願いします。
私は、大学時代に就職留年してから入社しました。その理由は、日 本赤十字社で献血に関わる仕事がしたいという思いがとても強かっ たからです。就職活動をしているとさまざまな会社を知る機会があ ります。その中で、「この企業に入ってこういうことがしたい」と 思えるような会社を見つけてください。そして、自分の思いを伝え るためにはどうしたらいいかを考えてみてください。そのことは、 会社に入ってからも大いに役に立つはずです。
8:00
職場から献血バス出発。
9:10
現地に到着。受け入れの準備などを行なう。
9:30
午前の献血の受付け開始。
13:00
午後の献血の受付け開始。
18:00 
職場に到着。片付けなどを行なう。


輸血を必要とする患者さんが困らないように必要数を確保していく のが私たちの仕事です。そのためにも、若い人に献血に興味を持っ てもらえるよう、各部署と連係を取りながらやっていきたいですね。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報