ピープルソフトウェア株式会社ピープルソフトウェア株式会社

  • 業種:IT・通信
  • 職種:IT・通信系
  • 本社所在地:岡山県倉敷市阿知1-7-2くらしきシティプラザ西ビル5階
  • 資本金:9,800万円 従業員:133名(男108名・女25名) 売上高:12億4,383万円(2016年7月実績)
説明会情報 説明会情報

システムエンジニア×IT・通信

ピープルソフトウェア株式会社
第3システム事業部
長沢 亮一さん(15年目(2001年入社))
沖縄の出身で、高校進学を機会に大阪に出てきました。大学は岡山だったこともあり、岡山の企業で関西に事業所を持つ会社に就職したいと考えていました。弊社の大阪オフィスを開設したのが2000年で、その第一期生を探していたことに興味を持ったことが入社のきっかけです。

社会が求める新しい仕組み、使う人が感動するモノを作りたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
もともと教師をしたかったのですが、就職の間口が狭く諦めました。というのも、その頃が就職氷河期の始まりで、就職先も見つけるのが厳しい時代だったからです。その中で闊達だった業態が情報系で、総合情報学部という手に職を身につける新しい学部だったこともあり、この業界を目指すことにしました。もちろん、ITがこれからの世の中や社会の基盤になるだろうという予感もありました。
現在の仕事内容を教えてください。
2015年1月、いよいよ待ちに待った自社製品『みんなで見守り隊』がリリースされます。これは、高齢者の生活や子供の安全を家族や医者、施設事業者など、みんなで見守るという新しいシステムです。2013年から企画をスタートさせ、実証実験と改善を繰り返して、何とか製品化にこぎつけることができました。まずは第一関門突破という感じで、実際に市場に出た時の反響が今から楽しみです。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか。
仕事をする上で、ヒトとモノに愛情を持つことを大切にしています。この業界は先進的な分野のように見えて、地道に手でプログラムを書くなど、実は泥臭い世界なのです。ゼロからモノを作ってくプロセスの中で、一緒にやっていく仲間たち、これから作ろうとするとモノに愛情を注ぐように気をつけています。そんな想いをできるだけ多くの人に伝えていきたいですね。
今後の目標や夢を教えてください。
大阪オフィスの第一期生なので、すごく愛着を持っています。昨年秋にはスペースを倍に拡張するなど、会社的にも大きな期待が寄せられています。東京や岡山に負けないくらいに大きくしていくことが夢です。また、社会の役立つしくみを発信するプロジェクトに積極的に絡んでいきたいです。多くの人々に実際に使ってもらって感動してもらえるようなモノ作りをしていきたいですね。
7:30
出勤
9:00
業務開始。現在の常駐先は機器制作メーカー。
12:00
常駐先を出発。
13:00
自社へ到着、プロジェクト概要の情報を上司と共有。
15:00
自社ビジネスの打ち合わせ。現在進めている新規ビジネスの販売戦略、計画について検討。社長はじめ経営層と打ち合わせすることも多いです。
17:45
退社。19:00から飲み会。日によって相手は、友人、同僚、お客様との懇親会など。


就職活動では、やり抜くという強い気持ちを持つこと。自分が本当にやりたいことを粘り強く、最後まで摸索し続けることが重要です。

>>メッセージ一覧へ戻る

説明会情報 説明会情報