株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】

  • 業種:サービス
  • 職種:営業系 その他
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区表町3丁目23−18     
  • 資本金:1億円 従業員:285名 売上高:17.2億円(2016年2月実績)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

サービス(セキュリティ)×管制員

株式会社山陽セフティ【天満屋グループ】
警備一課
白鳥 江里子さん(5年)
地元での就職を考えていました。大学の柔道部の先輩が弊社に入社していて、誘われたことがきっかけです。また、熱心に学校訪問をする人事担当者の方に好印象を持ちました。人のためになる、人を守れる仕事をしたいという私の希望を叶えられると思ったからです。

女性の警備員として輝ける存在になっていきたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
父親が消防士だったこともあり、幼い頃から人を守り、社会の役に立てる仕事をしたいと考えていました。中学生の時から習っている柔道も、そんな意識があったから始めたのだと思います。当初、警察官に憧れていたのですが、実際は狭き門で、進路の変更を余儀なくされました。この業界を選んだのは、警備会社で働く柔道部の先輩に話を聞く機会があり、自分のやりたかった仕事に近かったからです。
現在の仕事内容を教えてください。
管制センターで、主に機械警備の警報監視と電話対応の業務に携わっています。警報監視では、住宅やビル、駐車場など、様々な場所に設置されたセンサーが異常を検知した時に、信号が管制センターに送られてきますので、画面モニターを見ながら状況を判断し、お客様の在宅確認や機動隊警備士の出動などを指示しています。必要に応じて110番や119番に通報をすることもあります。また、お客様からの様々な問い合わせにも対応しています。
うれしい(楽しい)と感じるのは、どんな時ですか。
管制センターでは女性が一人だけなので、電話に出た際に「白鳥さん。元気にしている?」と、名前を覚えて親しげに声をかけてくださるのはうれしいです。また、現場の応援に行った時に、電話でしか接点が無かった方が、私の顔をご覧になり「あっ、あなたが白鳥さん」と、そんなサプライズの瞬間もあり楽しいです。一方で、会話の中でお客様の要望やニーズを察知して、営業担当に伝えることにより、新しい仕事につながった時はお役に立てたことを嬉しく思います。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
去年の冬に駐車場荒らしの事件があり、防犯カメラの録画を見せて欲しいと、警察官の方が管制センターに初めて入ってきました。私は仮眠を終えてデスクに戻りかけようとしていた時で、「いったい何が起こったの?」と、刑事ドラマのような光景に本当に驚きました。実際に犯罪者が身近にいて、私たちが、お客様のかけがえのない命や大切な財産を守っている責任の大きさを改めて感じ、身が引き締まりました。
8:40
出勤。前日の引き継ぎ。
9:00
モニターの監視、作業の指示や手配。問い合わせの電話対応。
13:00
モニターの監視、作業の指示や手配。問い合わせの電話対応。
18:00
当日の引き継ぎをして退社。


「電話では、ハキハキとした声を出すように心がけています。老若男女の様々なお客様、どんな時にでも安心感と信頼感を与える会話をしていきたいです」と、白鳥さん。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報